徭i祇へ仝寄僥鏡徭の徭宥佩辛シ`ル々のN原け試咾鯰个い泙靴

2021定11埖02晩

10埖28晩直易徨k廉笥住餓泣から嶄臭u掴住餓泣までのs800mの徭i佩宀祇參和 徭i祇へ寄僥鏡徭の徭宥佩辛シ`ルのN原け試咾鯰个ぁ云僥の僥伏11繁がボランティアとして歌紗しました。

徭i祇とは徭宥佩が辛嬬なi祇のことで、書指の試咾任禄四┛家貨の匯hとして偏祇の旋喘宀式び云僥僥伏の宥僥rの芦畠_隠を朕議に、屡に徭i祇としてO協されている祇揃に罪45cm、k30cmの寄きさのオリジナルシ`ルをハンマ`でR彭しN原けました。

輝晩は挫爺に{まれ梁かい晩餓しの嶄、湖半契峭貨を噴蛍に佩った僥伏とスタッフで恬Iを佩いました。歌紗した僥伏からは、仝━Fの祇の住宥楚が謹く、裡だと械?湖じていた。シ`ルをて、徭とi佩宀が徭i祇を芦畠に宥佩できればいい々といった湖襪かれました。

書瘁は、晘偏や晘少賀?vS徭嵶氏吉のvSCvにPきかけ、より芦畠な宥僥揃の_隠や、仟たな徭i祇の峺協吉について函りMんでいきたいと深えています。

寄僥並嫋孱