云僥縮Tによる仝剞B之窪彜Bマウスにおけるプロテアソ`ムのkFとC嬬にvする冩梢撹惚々が、ELSEVIER芙のThe Journal of Nutritional BiochemistryIにdされました。

2022定04埖21晩

伏悶坪におけるタンパク|蛍盾は仟旗xの嶄伉議郡鬉任△蝓寔宰伏麗の飲坪には互業に隠贋された屈つのタンパク|蛍盾狼であるユビキチン?プロテアソ`ム狼とオ`トファジ`?リソソ`ム狼が贋壓します。ユビキチン?プロテアソ`ムによるタンパク|蛍盾狼は、寔宰伏麗において飲坪の飲巓豚、窒吽鬴陝▲轡哀淵止_、|I鬴陲鬚呂犬瓩箸垢?な伏悶郡鬉勃慴であり、ユビキチン晒されたタンパク|がATP卆贋來にプロテアソ`ム┘織鵐僖|蛍盾粛殆の鹿栽悶によって蛍盾されるシステムです。これまでは、~奮や奮並崙渭造砲ける庶扉Mでのユビキチン?プロテアソ`ム狼の冩梢が佩われており、麿の匂での冩梢はほとんど佩われていませんでした。

この業、匳剞B僥親の棟鯢賽仆綿擇蕕蓮▲泪Ε垢鰉辰い洞rgの|I彜B和でのと故におけるプロテアソ`ム撹蛍徨のkFとC嬬について盾裂しました。そのY惚、故とでは、プロテアソ`ムを侘撹するサブユニットのkF楚には篁はみられませんでしたが、プロテアソ`ムの試來がなることが苧らかになりました。d龍侮いことに、宥械、プロテアソ`ムの蛍徨鹿栽にv嚥するタンパク|であるUmp1はプロテアソ`ムを侘撹した瘁に、プロテアソ`ムによって蛍盾されますが、~奮彜B和では、プロテアソ`ム試來のp富に育いUmp1が們eされることが蛍かりました。
參貧のY惚から、1Ump1のC嬬は剞B彜Bによって崙囮されること、2プロテアソ`ムの侘撹メカニズムは匂によってなる辛嬬來があることが幣又されました。

云冩梢には、云僥の匳剞B僥親の棟鯢賽仆綿據|奨寄僥の翫弥誰[縮娩、|奨脅匳僥t栽冩梢侭の弥嶄屈尖並Lが歌鮫し、冩梢撹惚はELSEVIER芙の僥gjIThe Journal of Nutritional BiochemistryIにdされました。

Nobuyuki Tanahashi, Moeko Komiyama, Mina Tanaka, Yuta Yokobori, Shigeo Murata , Keiji Tanaka. The effect of nutrient deprivation on proteasome activity in 4-week-old mice and 24-week-old mice. J.Nutr.Biochem. (2022) https://doi.org/10.1016/j.jnutbio.2022.108993

険僥L┫麪г?冩梢毅輝椳崎嵶